運転資金 融資 ビジネスローン


小規模な起業の資金繰りはどうする?
現実的に資金調達を確実に実行!
ビジネスローンの上手な利用法について徹底解説!

運転資金の融資にはどの様な選択肢がある?

小規模な企業にとって、日々の運転資金を調達するのはそんなに簡単なことではありません。金融機関は確実に回収できる企業に融資したいのが本音ですし、返済能力があると認められるために金融機関に堤出するために揃える資料というのも、かなり手間がかかりますし、直近までの仮決算など求められたりするので、かなりの事務負担になってしまう事が多いです。

それでも、企業はたとえ経営の成績は黒字になっていても、資金が回らないために倒産に追い込まれることも意外に多いのです。それだけに資金繰りは小規模な企業にとっては黒字であったとしても、常に神経を尖らせていなければならない課題です。

そんな小規模企業が資金を調達するために選ぶことが出来る手段は、官公庁などの公的融資や銀行などの金融機関の融資が最初に思い浮かぶと思いますが、こちらにはハードルがあります。

融資の許可を受けるための書類の量が多く、それを揃えるために数日を費やしてしまうようなときもあります。その間に営業を止めてしまう事や事務員をずっとそれに費やしてしまうという時間的コストも馬鹿にできません。

そういった事務負担を重く見た時に、ビジネスローンを選ぶなら、公的融資や銀行系の金融機関の融資に比べてかなり負担を軽くする事ができます。運転資金 借り入れ 事業者ローン

ビジネスローンはスピード決済、無担保、第三者連帯保証不要という手軽さがあり、資金が急に必要になった際にも対応できる融資になっています。不況のなか、公的融資や銀行系の貸し渋りは小規模な企業にとってはとても厳しいものですが、そんなときビジネスローンは小規模な企業を救ってくれるサービスになっています。

ビジネスローン徹底解説

銀行融資以外のビジネスローンはここがいい!
銀行融資以外のビジネスローンなら担保や保証人がいらない イメージ
融資の審査で一番の障害は
保証人と感じる方も多いはず!
それがいらないってやっぱりメリットですよね!
申し込みで違う審査書類
銀行融資と民間ビジネスローンの申し込みに必要な書類の違い イメージ
同じビジネスローンでも
民間系と銀行系のビジネスローンでは
かなり違ってくるんです!

申し込みから融資実行まで長いの?
公的融資や銀行融資は申し込みから融資実行まで時間が掛かる イメージ
時間がかかるのはやっぱり残念!
申し込みから融資実行までの
公的融資や銀行融資
民間のビジネスローンにメリット?
希望する融資金額によっては民間のビジネスローンにメリットがある イメージ
金利の低さなどで
銀行系の融資には確かにメリットが!
しかし、融資金額次第では民間もばかにできません!

個人事業主でもビジネスローンは借りられる

法人に比べるとやはり信用面で劣る
個人事業主は資金調達にいろいろと障害があります。
そんな個人事業主の資金調達に
便利なのはやっぱりビジネスローン!

民間の無担保ビジネスローンも今は金利が!

民間の無担保ビジネスローンも今は金利がかなり下がっている イメージ
民間のビジネスローンは審査が手軽だが
利率が高い…それは昔の話?